幻視する時鳥亭


ここは旗木鏡太郎が東方projectカードゲーム「VISION」のコラムを載せたりするブログです。
by hata_fangzhang
プロフィールを見る
画像一覧

第30回「ヒカリノテクノロジー」

今回はニコニコ生放送で各地の方々との交流を持ち、実際に肌で感じ、耳で聞く側として、また牽引車としても活躍されている「れいやさん」です。

ハタ: よろしくお願いします
れいや: よろしくおねがいします~
れいや: ゆるいのは仕様です(

ハタ: まずご注文をお伺い致しましょうか
れいや: ほぼ一年以上飲んでるコカコーラZERO
れいや: BGMは「天外魔境2 ED」
ハタ: それで宜しいでしょうか?
れいや: 天外魔境はうそくさいなw
れいや: 東方つながりで
ハタ: 多分BGMがタイトルになるよ!(
れいや: 最近聞いてるのは・・・これ乗っけてもいいのかなぁ紙面に
ハタ: 曲名だけならセーフじゃないかな
れいや: 「ヒカリノテクノロジー」ですね
れいや: SOUNDHORICの709sec.さんの曲ですね




改めて

――現在のVISIONにおける各地域のデッキ傾向、環境はどうでしょうか?
3月9日に、11弾発売から初めて大型のエラッタがかかり、デッキ分布が大幅に変化した印象です。
まずエラッタ前は「因縁の魔障」を用いたコントロールデッキ「蓮メリコン」が全国で猛威を振るっていましたが
「因縁の魔障」と、そのデッキに組み込まれていた「秋 静葉(No483)」と「離円花冠(カローラヴィジョン)」にもエラッタがかかり事実上トップメタからは外れました。
そのエラッタの影響をほぼ受けなかったデッキ、「妖怪絢爛」「難題輝夜」の二つのデッキが今は頭一つぬきんでてる印象ですね。
事実、大会のレポートを見たら「妖怪絢爛」が優勝しているのをよく見かけます。
全国的に見てこれがベースになってるところでしょう。
各地域まで細かく分析すると
首都圏あたりでは堅実なコントロールや中速ビート、先ほどの妖怪絢爛のようなウイニーデッキが多い印象です。
地方はやりたいことをやるといった感じ。特にメタは意識してないのかも。もちろんサイドボードにはそれなりのカードを積んでますけど。
「大会に何を求めて出場しているか」が、デッキ傾向に差をつけてる感じですかね。


――それに関して少し突っ込んでお聞きする形になりますが生放送などで感じた現在のVISIONにおける各地域の人の特徴・性格・性質などはありますか?

対談でよく聞くんですけど、関西方面の方の大部分が「相手の心を折る」デッキを好んで使用してるみたいです。
関東は逆にギリギリのシーンをものにすることにカタルシスを感じている人が多いですね。
全部が全部といったわけじゃないとは思うんですけど
やはり勝ち抜くための方向性が細かいところで違うのかな
対談で聞いていると「相手の心を折ると、勝ち手段がないときでもサレンダーしてくれる」らしいです


――関西方面では「相手の心を折る」デッキのチョイスが多いとのことですが、逆にその場合、忍耐力というか(微妙な言い回しですが)、耐性が付くような気がします
しかし関西方面では引き分けが多発しているといった訳ではない印象があるのですがその辺りは如何考えていますか?


あちらは特にプレイングが早いみたいですね。
40分で1試合をこなしてるところもあるみたいですからね。
相手の行動に対しての自分なりの答えを導き出すスピードが速いということは
やはり対戦慣れ、試合慣れをしてるからというのもあると思います。


――少し話が前後する形となってしまいますが対戦慣れ、と言う件に関して
先ほど「因縁の魔障」を用いたコントロールデッキが流行ったというのも確か西方面の一つのグループが作ったデッキの完成度が高かった為、と言う話を良く耳にします
グループでの調整といった集団調整などそういった部分に関しては関東に対して西方面の方が積極的といった考えでも大丈夫でしょうか
或いはそれに関して何か気になったり感じた点などがありましたらぜひ


そうですね。勝利への貪欲さという点でいえば私見ではありますが、関西の方が関東、特に首都圏辺りより高いと思います。
グループ調整も、その中でどれだけ濃い内容でやれるかにかかってきますし、そういった意味ではモチベーションがかなり高いのではないかと。
全国的に盛り上がってほしいとは思いますけどね。
どっちかといえば西、かなぁ
関東圏内でも、大会上位入賞者たちのデッキはかなり作りこんであってカジュアルぽい雰囲気はないですね。言い方を変えれば各々のガチデッキです。
特に変わったギミックデッキが上がってきたとかもないですし、ある意味順当というか。
もちろんプレイヤースキルもありますけどね。



――現在の関東はどうでしょうか?

全国大会への権利取得(抽選免除)指定大会ということ、またエラッタがきたこともあり、多彩なデッキが大会を盛り上げてましたね。
実際、3月14日の秋葉原公式大会の優勝デッキは「魔界」デッキでした。
以下、上位入賞デッキには先ほど紹介した「妖怪絢爛」などもいましたけど総じてうまくまとまったデッキが多かった印象です。
全体を見渡せたわけではないのでデッキ分布の細かいところまでは見れなかったのですが
コントロール、ビート、ワンショット、ギミック、ロック
デッキを語るならでてくるであろうタイプがほとんど存在していたのではないかという感じでした。
自分も参加しましたが、特に多かったカードに「リリカ・プリズムリバー(No909)」がありましたね。
「リリカ・ソロライブ」と合わせて採用してる方が多かったです。
相手のマナチャージャーや、邪魔なブロッカーを潰したり、ソロライブの効果でアクティブINさせて緊急ブロッカーにしたりといろいろな面で活躍していました。
特にビートにとって邪魔なカードを潰しやすいというのが大きいですね。
合わせてドロー、ノード加速もできるので採用率はかなりのものだったのではないかと予想されます。


――リリカですが、全国的に見ても採用率はやはり高めでしょうか。
対談などで話題に上がったりはしますか?


リリカ自体はやはり使いやすいというのもあって採用率は高いと思われますが耐久が「4」あるカードばかりを採用しているデッキなどで対抗してる人もいますね。
もともと、リリカが場に残ってしまえばソロライブも打てませんからね。
さらには新しいマナチャージャー「レイラ・プリズムリバー(No907)」の存在もありますから
これからどうなっていくかはまだ微妙でしょうが、現在は多く採用されているで間違いないでしょうね。



――全体的に見た(関東に限らず)場合、新しく大会に参加するプレイヤーといった面ではどう見ますか?

大会に新たに参加するプレイヤーとしては、やはり「大会」という形式に気遅れしてる感じで、参加に二の足を踏んでる方がたくさんいると思うんですよね。
その辺りをうまくフォローできれば、参加人数はさらなる飛躍を見せるとは思うんですが、その機会や場所があまりない状況ですね。
大会に新たに参加してくれる(会場に足を運んでくれる)プレイヤーさんにはできる限り大会参加慣れしてるプレイヤーでフォローしていただきたいとは思います。
大会以外では、細々ながらニコニコ生放送内で宣伝させていただいてます。
ただこれは、かなり限定的なので効果はほぼ皆無です(苦笑

『EvilGod☆Party』


――茨城県は噂で魔境って聞いたのですが……

いや~その
プレイヤー自体はいるとは思うんですが
地元ではほとんど見かけません。
県の中央に行けばそれなりにいるとは思うんですけどね。
以前、茨城公認はあったんですが、主催様が引っ越してからは全然聞きませんね。
潜伏しているプレイヤーが集められれば大会開いても面白いとは思いますけどね。
深刻なジャッジ不足がまず問題に上がりますね。
魔境っていうかそれはVISION関係なく魔境って言いたいだけじゃないかとか(苦笑
こんな感じですか。茨城の話はもうやめましょうw;(茨城在住の方申し訳ありません


――全国大会のアナウンスが来ましたが何か生放送などで企画していることなどはありますか?

もちろん何かやろうかなとは思いますが、まだ決めてません。優勝者の生の声を届けられればいいかなとか。できればですけどね。
全国大会まではその抽選免除指定大会の宣伝。並びに会場の紹介や全国大会の諸注意(全国大会公式HP参照)などでしょうか。


――大会とか興味あるんだけど……といった方に何か一言お願いします!

是非各大会会場まで足を運んでみてください。
大会参加者はみんな新たな参加者を歓迎してくれます。
大会参加する場合はもう一つ「フリープレイ用デッキ」を用意して行くと、対戦後にコミュニケーションを取りやすいのでお勧めです。
相手は同じ趣味を持つ仲間です。気軽に話しかけてみてください。


――れいやさんにとってVISIONとは?

いろいろな意味で自分を成長させてくれた誇るべき趣味ですね

ありがとうございました!

それでは皆様良いVisionライフを。
グッドラック!



れいや(reiya):
代表デッキ:大邪神団コントロール
茨城県のVISIONプレイヤー。
VISION界におけるニコニコミュニティの一つ『EvilGod☆Party』での生主。
プレイヤーとしても安定したプレイングを持つ。
尚、ハタの「大会って凄ぇな」と思ったのはこの方との対戦によって(ハタの初参加大会二回戦目でのマッチング)。
現在は板橋公認大会のフォローに回ったりなどもする牽引者の一人。
口癖は「十六夜咲夜、ダイレクトアタックゥゥゥウウウ!!!」
[PR]
by hata_fangzhang | 2012-03-22 00:27 | コラム

カテゴリ

全体
トップ
コラム
その他
未分類

リンク

リンクにつきましては
こちら
をご覧ください。

当ブログは東方二次創作カードゲーム「Phantom Magic Vision」のファンサイトです。

最新の記事

トップページ
at 2013-12-31 23:59
リンクに関して
at 2013-12-31 23:58
第32回「All Along..
at 2012-06-02 07:00
第31回「We Are Th..
at 2012-05-14 07:31
第30回「ヒカリノテクノロジー」
at 2012-03-22 00:27

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧